お客様に恋をしていますか?

お客様に恋をしていますか?

私がクライアント様によくする質問です。

自分の商品やサービスについて、それがいかにユニークか、いかに優れた機能を備えているか、いかに開発に苦労したかなどなど、熱意をもって詳しく話をしてくださる方はたくさんいらっしゃいます。

一方で、ではそれをどんな方に買っていただきたいか、どんな方の役に立つかなどターゲットにしているお客様はどんな方なのか聞かせてくださいとなると、商品やサービスほど話ができる方はとても少ないのです。

ビジネスの上で、どんな方をお客様にするのかターゲットを明確にすることはとても重要です。ターゲットが明確になっていないと、すべての活動が成り立たないと言ってもよいと思います。
商品やサービスの開発も、広告を打つ場合も、営業活動も、お客様のサポートも、ホームページやカタログも、全てにターゲットの設定は関わってきます。

私はビジネスには2つの「恋」が必要だと思っています。

一つは自社の商品やサービス。これは多くの方ができています。
そしてもう一つがお客様です。

人間、恋をすると相手のことがいつも気になり、相手のことをたくさん知りたくなりますね。

その感情をお客様にも向けて欲しいのです。
お客様に恋い焦がれ、常に気にすること、少しでも多く知ろうとすること、そして常にお客様の幸せを考えること。
それが商品開発からマーケティング、営業などすべての活動をより良くする秘訣です。

お客様に恋をしてください。その恋はきっと両思いになって、あなたのビジネスは末永くご愛顧されることでしょう。

投稿者プロフィール

株式会社きれい 代表取締役 柴田幸治
大手光学機器メーカー勤務後、経営コンサルタントとして2000年に独立起業。
旺盛な好奇心とちょっと変わったアイデア、幅広い人脈で、販売数100万個を超えるヒット商品や、海外のコンテストで世界一を獲得した商品などをプロデュース。
4つのきれい(くらし・かんきょう・からだ・こころ)を基にした独自のメソッドで、企業のCSR・商品開発・マーケティングを支援しています。

NPO法人ウルシネクスト理事長