ネットショップにおける商圏の拡大とは?

リアルなお店を開いて、ある程度の規模まで成長したので、さらに規模を大きくして売り上げを上げたい場合どうされますか?

売り場を広くすればもっと売り上げを上げられるのであれば、お店を改装して売り場を広げるとか、近くにもっと大きなお店を建てることが考えられます。
商圏を拡げればもっと売り上げを上げられるのであれば、他の地域にお店を増やすなどが考えられます。

ネットショップではどうでしょうか?

売り場を拡げるということは、基本的にネットの場合はお店の大きさに物理的な制約はないので、商品アイテムを増やすことが同じような意味になります。
では他の地域にお店を増やして商圏を拡げるということは、どういうことになるでしょうか?

場所に関係なくどこからでも注文を受けられるネットショップに「商圏」なんてあるの?そう思われるかもしれませんね。
しかし、ネットショップにも「商圏」はあるのです。

とは言ってもこれは物理的な地域や場所という意味での商圏ではありません。
それはお客様が利用するサイトという意味です。

ネットショップと言っても、大きくは「自社サイト」と楽天市場のような「モール」の2つがあります。
さらにモールは、楽天市場の他にもAmazon、Yahooショッピング、ポンパレモール、Wowma!(旧DeNAショッピング)、Qoo10、ヤフオクなどがあります。

ネットショップにおける商圏の拡大とは、自社サイトも含め、様々なモールに出店する「多店舗展開」するということなのです。

私が以前関わっていたメーカーも、最初は自社サイト、次は楽天市場、Amazon、Yahoo、ポンパレ…というように、多店舗展開をして成長し売り上げを伸ばしていきました。

なぜネットショップでも多店舗展開が必要なのかというと、簡単に言えば「お客様のご希望に合わせた選択肢を提供することで、購入の機会を増やす、逃さない」ということです。

たとえばAmazonにだけ出品している場合、楽天市場のポイントで買いたいお客様は逃してしまうかもしれません。いつもAmazonで購入しているので慣れない楽天市場では購入したくないというお客様もいらっしゃるかもしれません。モールは嫌い、そのお店のホームページから買いたいという方もいらっしゃいます。
お客様はポイント、決済手段、納期など、さまざまな条件の違いを見ながら、自分の希望にあった所から買いたいと思っているのです。それにできるだけ合った選択肢を用意しておくということが重要で、それが自社の商品を購入してくださるお客様を増やすことになります。その意味でネットショップにおいても多店舗展開という商圏の拡大が必要になるのです。

最初から多店舗展開できる方は少ないと思いますが、コストもよく見極めた上で、成長に合わせて、店舗を増やしていくことをおすすめします。

About the author: 株式会社きれい代表取締役 柴田幸治

メーカー勤務後、経営コンサルタントとして2000年に独立起業。 旺盛な好奇心とちょっと変わったアイデア、幅広い人脈で、販売数100万個を超えるヒット商品や、海外のコンテストで世界一を獲得した商品などをプロデュース。 秋田と東京に拠点を置き、全国を飛び回って企業経営のお手伝いと新ビジネスのプロデュースをしています。 日々の実践や気づきを記事にして発信しています。みなさまのビジネスのヒントになれば幸いです。