セミナー参加者がみんな驚いた!有機栽培は無農薬ではない?

東京白金台の八芳園といえば、都心の一等地に広大な庭園をもつ結婚式場として有名ですが、オーガニックへも積極的に取り組まれています。
オーガニックライフレストラン「アニバーサリーガーデン」を作り、食物アレルギーの方が増えている状況などに対してアレルゲンフリーやオーガニック料理を提供する他、オーガニック食材を販売したり、食をテーマにしたワークショップなどを開催しています。

奇跡のりんごで知られる木村秋則さんに師事し自然栽培を学んだ私の友人が、アニバーサリーガーデンでセミナーをしましたので聴講+ディナーをいただいてきました。

彼のセミナーは「自然栽培とはどういったものか」「自然栽培にはどんな食材があるのか」といった内容でしたが、セミナーの中で会場がどよめいた瞬間がありました。

それは彼が
「有機栽培というのは農薬を使っていいことになっています。」
と言った時でした。

私も思わず「え〜?」と声を出してしまいました。

有機栽培=無農薬 ではないんですね!知らなかった!

どういうことなのでしょう?
オーガニック食品や有機野菜、果物などに関心が高まっており、正しく理解することはとても大切だと思いますので解説したいと思います。

まず有機農産物(有機栽培)はその要件が法律で決められています。その要件によれば、有機農産物とは「 天然に由来する」農薬や肥料を用いた栽培方法です。「化学合成された」農薬や肥料は使われていなということです。

要件は他にもありますが、そういった要件を満たして認められたものだけが有機JASマークをつけて有機農産物と名乗れるのです。

一方で、ごく普通に見かける「無農薬」「無化学肥料」「減農薬」「天然栽培」「無農薬栽培農産物」といった表示は、法律によって決められたものではありません。こういった表示が必ずしもイコール有機栽培ではないと知っておきましょう。

そして、天然由来の農薬や肥料を使ってよい有機栽培に対し、「自然栽培」は農薬も肥料も天然由来、化学合成を問わず使用しない栽培方法です。しかし実はこの「自然栽培」という呼び方も、法律で決められたものではありません。現状ではそこに法律的な規定はないのです。

さらに「オーガニック」という言葉も厳密な規定があるわけではありません。オーガニック=自然栽培・有機栽培という認識が一般的かもしれませんが、それも規定があるわけではないのです。
まだまだこの分野では表示が十分に整備されていないのが現状です。

消費者として正しい選択をするために、イメージやうたい文句だけで判断するのではなく、認証マークや、どこで誰がどんな方法で作ったものなのかを確認する努力が必要そうです。

また販売する側もあいまいな表現ではなく、お客様が自分の欲しいものを正しく選択できるよう情報を積極的に示すことが、お客様の信頼を得て良い関係を築くことになると思います。

About the author: 株式会社きれい代表取締役 柴田幸治

メーカー勤務後、経営コンサルタントとして2000年に独立起業。 旺盛な好奇心とちょっと変わったアイデア、幅広い人脈で、販売数100万個を超えるヒット商品や、海外のコンテストで世界一を獲得した商品などをプロデュース。 秋田と東京に拠点を置き、全国を飛び回って企業経営のお手伝いと新ビジネスのプロデュースをしています。 日々の実践や気づきを記事にして発信しています。みなさまのビジネスのヒントになれば幸いです。