東京表参道で漆のワークショップを開催しました

ご縁あってクリオマンションの明和地所さんのご支援、ご協力で、東京にて漆のワークショップを開催しました。

場所は表参道にある明和地所さんのリノベーションモデルルームtukuriteです。

漆のある暮らし」と銘打ったワークショップは全3回。

第1回は漆器のあるテーブルコーディネート「重陽(ちょうよう)の節句」
講師はYUI JAPAN 代表で漆芸プロデューサー 、箸文化大使の中根多香子さん。

第2回は漆器とワインの楽しみ方講座「WINE × URUSHI × ナチュラルチーズ」
講師はJSA認定ワインエキスパート、ソムリエ 、チーズプロフェッショナルの蜂須賀紀子さんと、FEEL J代表でウルシスト®の加藤千晶さん。

第3回は箸ソムリエから学ぶ!麗しい箸づかい
講師は中根多香子さんでした。

1ヶ月間に3回というなかなかのハードスケジュールでしたが、成功のうちに終了いたしました。ご参加いただきました皆様、明和地所、関係者の皆様、ありがとうございました。

今回のワークショップ開催を通じて、漆や漆器の良さを伝えるにはやはり体験が必要だと感じました。今は一般のご家庭では漆器を使う機会、触れる機会は限られています。漆器がないという家庭もあるでしょう。漆って何なのか、全く知らないという方も珍しくないと思います。

今回のようなワークショップも体験する機会になりますが、さらに日常生活で体験できる漆器を気軽に借りられるような仕組みがあれば良いと思っています。漆器づくしのカフェなどもいいですね。仲間たちと一緒に実現の方法を考えてみたいと思います。

 

おすすめの記事