NPO活動でSatoyama優秀賞を受賞しました

英字新聞ジャパンタイムズはJapan Times Satoyama 推進コンソーシアムと Japan Times ESG 推進コンソーシアムを立ち上げ、SatoyamaとESGそれぞれの分野で活動する団体の取材やシンポジウムを企画するといった支援活動を行っています。

今回、The Japan Times Satoyama & ESG アワードが創設されて第1回の表彰となりましたが、代表を努めますNPO法人ウルシネクストがSatoyama部門の優秀賞を受賞いたしました。

パネルディスカッションの様子

パネルディスカッションの様子

去る9月6日に東京六本木の東京ミッドタウンにて授賞式および受賞者によるパネルディスカッションが行われ、私も出席させていただきました。

授賞式では審査員のお一人で「里山資本主義」の著者である日本総合研究所の藻谷浩介氏から表彰楯をいただき、その後パネラーの一人としてパネルディスカッションに登壇しました。

ご一緒させていただいたパネラーは、大賞を受賞された北海道ニセコ町長の片山健也氏、優秀賞を受賞された萩大島船団丸 / 株式会社GHIBLIの坪内知佳氏と著名な方々で、ちょっと緊張しましたが、藻谷氏のユーモアあふれる進行に助けられ、なんとか無事に役目を果たすことが出来ました。

今回晴れの舞台に立たせていただいたことは大変光栄なことですが、これはたまたま私がNPOウルシネクストの代表であったということで、その恩恵にあずかったようなものです。ウルシネクストというNPOを立ち上げる前から地道に活動してこられた方々の努力、活動を支援してくださる方々があってこその評価だと思います。改めてこれまでの活動に敬意を表すると共に、日本の漆を守ろうと活動されている皆様、支援してくださる皆様とこの栄誉を分かち合いたいと思います。

私も今回の受賞を契機に、ますます精進いたします。

おすすめの記事