サステナビリティ経営とトリプルボトムライン

トップラインとボトムライン

決算書の損益計算書(P/L)において、一番上は「売上」で、トップラインと呼ばれています。一方で一番下にあるのが「純利益」でボトムラインと呼ばれています。

この純利益であるボトムラインが企業評価の指標となってきました。企業にとって利益を生み出すことが重要であることは言うまでもなく、利益がなければ持続することはできません。ボトムラインによって企業を評価することは、至極まっとうなことです。

トリプルボトムラインとは

一方で「純利益」というボトムラインだけで企業を正しく評価できるのだろうかという発想から、1994年に起業家であり作家のジョン・エルキントンによって提唱されたのが、トリプルボトムラインです。これは純利益という経済的側面に加えて、環境的側面と社会的側面を加えて評価しようというものです。

環境的側面にはCO2の削減、カーボンオフセット、適切な廃棄物の処理、クリーンエネルギーの採用などへの取り組みがあります。

社会的側面にはワークライフバランス、職場環境の整備、公正な人事制度、製品の安全性、障害者雇用といった取り組みがあります。

こうしたトリプルボトムラインの考え方は、現在サステナビリティ報告書のガイドラインであるGRIスタンダードとして世界中で採用されています。

環境と社会が経済の成功を左右する

企業経営においてトリプルボトムラインを構成する経済、環境、社会への対応は、今後ますます重要になってきます。これらのどれが欠けても企業の持続的な成長、発展は見込めないと言ってもいいと思います。それはSDGsに対して世界中が取り組んでいることからも明らかなように、今は持続可能な社会の実現に向かって進んでいる時代であり、社会が企業に求めるものも持続可能な社会への貢献だからです。

先に述べたように企業として利益を生み出し続けることは必須です。その上で環境に対しても社会に対しても貢献し、持続可能な社会の実現の貢献することが求められています。それが企業が社会に評価されるポイントになります。

併せて重要なポイントは、環境と社会への取り組みは経済にもプラスの効果を与えることが多いということです。

例えば社会貢献につながる商品やサービスを選んで消費するエシカル消費のトレンドです。環境や社会への貢献が収益アップにつながる可能性があります。障害者を雇用を増やすことで社会の業務の見直しが図られ、生産性がアップした事例もあります。

これからは、経済、環境、社会というトリプルボトムラインの視点で、長期的な事業戦略に組み込んだサステナビリティ経営に取り組むことが求められます。それが企業価値を向上させると共に、社会にとって必要不可欠な存在として企業の持続可能性を高めていきます。

 

 

 

おすすめの記事