ウルシの植樹をお手伝い

ウルシノキの植樹のお手伝いをしてきました。

今回の植樹場所は岩手県盛岡市薮川という所。盛岡市中心部から車で40分ほどです。実はこの薮川という場所は、本州で一番寒い所と言われていて、氷点下30度になることもあるとか。

植樹地は岩洞湖のすぐ近くで、かつては畑だった所です。隣接地は太陽光発電のパネルが並んでいます。

植樹の予定本数は4日間で1000本。他のボランティアで集まった人たちと作業を手分けして植えていきます。スコップで穴を掘り、コンテナ苗を穴に入れて土をかぶせ、隙間が空かないよう足でしっかりと踏み固めていきます。

この日は平坦な土地ということもあって、思いの外、順調に作業が進んでお昼過ぎには予定本数終了。岩洞湖レストハウスでお昼を食べて解散となりました。

獣害などにあわず、順調に育ってほしいものです。

おすすめの記事